カテゴリー
弦楽器奏者 新歓ブログ

個性豊かだけどひとつになる!

新入生の皆さん、こんにちは!

私は看護学類2年、バイオリンパートの堀邉詩織です。
新歓委員長を務めています!

今回は、これまで新2年生にあたる46期全員で書いてきた新歓ブログのひとつの区切りになります!
様々なテーマで毎日更新されてきた新歓ブログ、少しでもサークル選びの参考になっていたら幸いです。

管弦楽団の魅力は言葉だけでは伝えきれないかもしれないけれど、団員の言葉で管弦のことを伝えられるブログは、今の現状よいツールになったのではないかと思います。

実際読み返してみると同期のみんなの楽器愛や、角度は様々であれ管弦を楽しんでいる様子がすごく伝わってきます!


さて、本題に入りますが伝えたいことがあると長々と書いてしまう悪い癖があるので簡潔に言うと、「色んな人が集まってひとつの音楽を作る」ここに私は魅力を感じています。

管弦楽団には本当に色んな人がいます。楽器経験、曲の感じ方、性格、趣味、好きな食べ物…まさに十人十色です。

初めはひとつの曲に対しても解釈の仕方や感じ方はもちろん人それぞれだと思います。

それを練習を通して共通のものにしていき、最終的にはひとつの音楽にする。
この過程は簡単では無いけれど、そうして作りあげてきた曲を舞台で演奏した時の達成感は計り知れません!

また、単純に色んな人がいるので楽しいです。

私は看護学類なので、医学系の部活も多く存在し選択肢がその分とても多かったのですが全学のサークルに入ってよかったと思っています。

様々な学類の個性豊かな同期、そして先輩方に恵まれ、練習後にご飯へ行ったり同期会や女子会、旅行などなど楽しいこともたくさんあります!
一緒にいる時間が長いからこそ、最高の仲間が絶対に出来ます!

新入生の皆さん、ぜひ私たちと一緒にひとつの音楽を作り上げてみませんか?

団員一同、お待ちしております!


おまけ

実は先月から諸事情により新歓委員長を一旦お休みさせていただいております。

両手の麻痺で楽器が弾けない現状にありますがコロナが収まり皆さんにお会いできる頃には私もきっと復活できていると信じてリハビリを頑張っています。

新歓委員会の皆さんに任せてしまっている現状は申し訳なさと感謝の気持ちでいっぱいです、、
何かがあったときに助けてくれる、支えてくれる友達に出会えたことも管弦に入ってよかったと、この2ヶ月間痛感しています。

素敵な仲間に出会える場、大学においてそのほとんどがサークルで占めていると言っても過言ではありません。
ぜひたくさん悩んで決めていただけたらと思います!

選択肢の中に管弦楽団が入っていたら、そして検討して頂けたら嬉しいです!!