カテゴリー
新歓ブログ 金管打楽器奏者

トロンボーンはおもろい

こんにちは!
ブログ記事2度目の登場、トロンボーンパートの有田です。

今日は、トロンボーンという楽器の”おもろさ”を皆さんにお伝えしようと思います!


まず知らない方のためにトロンボーンとはどんな楽器なのかを説明したいと思います。

トロンボーンは主にスライドと呼ばれる部分の長さを手で変えることによって音程を調整する楽器です。

これがこの楽器最大の特徴であると同時に大きな魅力でもあり、”なんかおもろそうやん”と率直な感想を持ったのが僕がトロンボーンを始めたきっかけでもあります。実際おもろいですよ。

オーケストラの音楽の中では、美しいハーモニーを奏でたり、ここぞの場面で力強いサウンドをかましたりすることが多いです。

他の楽器に比べると出番は少ないかもしれませんが、その少ない出番に全力を注ぐのもかっちょええと思いませんか?
僕はそういったところもこの楽器のおもろさだと思っています。


現在のトロンボーンの団員は新3年生1人、新2年生1人(僕)の2人だけ。
少ないんですよ、こんなおもろいのに。

低音を担当するバストロンボーンが特に不足しているので、少しでもおもろそうやんて思われた方はぜひ管弦楽団トロンボーンパートにお越し下さい!
お待ちしております!