カテゴリー
新歓ブログ 金管打楽器奏者

管弦楽団に入った理由

新入生の皆さん、こんにちは!

本日のブログを担当します、ホルンパートの鐘築ひなたです。

春からピカピカの人間学群障害科学類2年生!

障害はここ数年、期に1人しか団員がいないことが多いので、ぜひとも今年は大量の仲間を、、、と狙っております。ふふふ


さて、今日のテーマは「管弦楽団に入った理由」です!

私はサークル選び、かなり悩みましたね、、

そんな鐘築が管弦楽団に入団した理由を深堀していきたいと思います!必見!!

私のホルン歴は、中学高校の吹奏楽部時代6年間。

大学でも楽器を続けることは決めていたため、新歓の狙いは吹奏楽団と管弦楽団、という管楽器奏者の典型的パターンです。笑

私の場合、高校ではどっぷり吹奏楽に浸っていましたが、小さいころから習っていて思い入れのあるバレエ曲を演奏したいという思いがあったので、オケにも興味がありました。

皆さんにも人生で一度は演奏したい曲、あるのではないでしょうか。

管弦楽団では、演奏会で取り上げる曲は団員の意見から候補を出し、団員の代表者が決めています。

ですから、団員として活動していく中で、受け身ではなく、自分がどんなことをしたいのか考えて発信していくことが大事なわけです!!

音楽系サークルで迷っている人がいれば、自分がどのような曲を演奏したいのか、そのイメージをしっかりできると、サークル選びの大きなヒントになるのでは、と思います。

もう1つ、私が管弦楽団を選んだ理由の1つに、パートの先輩方の存在があります。

去年の新歓では休み時間に屋外でアンサンブルを披露するイベントがあり、私はそこでホルンアンサンブルを聞いて驚きました。

こんなにうまい先輩たちがたくさんいて、こんなに大人数でアンサンブルができたらどれだけ気持ちいいだろうかと。

今思えばこの時すでに私の心の中では管弦楽団に入ると決まっていたのだと思います。

今年は残念ながら多くの新歓イベントについては未定になっていますが、SNSで発信していけるよう準備をしています。

もしかしたら演奏の様子も伝えられるかも、、、?

ぜひ、新歓サイトやツイッターをチェックして、お気に入りのアンサンブルを見つけてもらえれば、と思います!


こんな偉そうなことを言っていますが、私自身、入団届の提出日ぎりぎりまでぐじぐじと悩んでいました。

新入生の皆さんもぜひ、たくさん悩んで質問して、じっくり考えてみてください。

この期間によく考えて決めた選択なら、サークル活動が素晴らしい4年間を彩るものになってくれると思います。

私は、皆さんのその選択が管弦楽団であればいいなと願っています!

ぜひ一緒に音楽しましょう!

入団お待ちしています!